本当に使える!復活したツーショット

ツーショットダイヤルの歩みを紐解くと、
その起源は東京の「アトリエキーホールもしくは、東京12チャンネル」から誕生したと言われています。

コミュニケーションツールがイメージさえされなかった当時の日本では
エポックメーキングなサービスで、爆発的に勢力を日本中に拡大していきました。

はじめは、スマートフォンは言うまでもなく、
ケータイもなかった状況なので、
普通の電話がずらりとリアル店舗に鎮座する状態でした。

そこへ、広告などで興味を持ったおんなの子が
電話をするという、いま考えれば牧歌的なシーンでした。

アナログ時代を端的に表現した場面として、
「どうすれば他のユーザーを先取りして電話を取れるか?」
はじめの利用者のテーマは、この1点に集められていました。

それから、早取り制から受付けがまとめて受け付けて
TELを回す取り次ぎ制を経て、
現在の家でもでもコールを受けられる
転送型へタイプをチェンジさせていきました。

テレクラの再ブレイク

時代は進み、多くの人が携帯電話を持つようになると、
出会いサイトが一躍時代の中心となりました。
出会いサイトが最もアツかった頃には、
ツーショットはダサい遊びのように見なされました。

しかし、出会いサイト関連の社会問題が噴出し、
出会い系=リスクという認識が世の中に広がると、
前からのユーザーはテレクラへリターンする流れが出てきました。

いまは出会い系のイイ部分を取り込みつつ、
ちゃんと会話できる、新たな出会いサービスとして、
テレフォンクラブが再度脚光を浴び始めたのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ