ツーショットダイアルヒストリー

テレクラヒストリーをトレースすると、
その発祥の地は新宿の「東京12チャンネル」からスタートしたと言われています。

コミュニケーションツールが発想になかった当時のニホンでは
驚異的なサービスで、爆発的にテレクラブームをあらゆる地域に拡大していきました。

当時は、まだローテクな世の中だったので、
客集めの主流はティッシュ広告でした。
道端で配布されたチラシに掲載されている電話番号を頼りに、男性と遊びたいおんなの子がテレホンクラブにコールしていました。

もちろん、携帯電話もない世の中だったので、
リアル店舗型のツーショットしか存在していませんでした。
今では想像できないくらいおおらかな場面でした。

特に初期は、
TELを早い順で受けていったので、
半押し、半上げなど男性会員達は頭を使って、
よりスマートな電話の取り方を研究したものでした。

それから、公平なフロント制を経て、
自宅でもコールを受けられる転送型へタイプを改良させていきました。

テレフォンクラブの復権

時代は進み、みんながケータイを持つようになると、
コミュニティサイトが一躍時代の寵児となりました。
出会い系が最盛期の頃には、
テレクラは無用の長物のように見なされました。

しかし、出会いサイト関連の社会問題が噴出し、
出会い系=会えないという認識が巷に広がると、
前からのユーザーはテレフォンクラブへ帰る流れが出てきました。

今はコミュニティサイトのイイ部分を取り込みつつ、
必ず会話できる、新たな出会いツールとして、
ツーショットダイヤルが再度注目を集め始めたのです。

– オススメ –

無料テレクラ電話番号
イメージで感じる!! テレHで愉しむ2つのポイント

サブコンテンツ

このページの先頭へ