深夜のツーショットはココを意識する

普段のように布団をかけ、目を閉じる。
でも、何だか眠くならない。
束の間ぼんやりとしていると、
いつの間にかアソコをモミモミしている自分にハッとする。
オトコなら、こんなムラムラ体験は、
いくらでも体験していますよね?

そんな時に、エロビデオを見るのもいいけど
ツーショットダイヤルにコールをしてみるのも
アリかと思いますヽ(●´ω`●)ノ
ですので、
この記事は深夜にツーショットを使う際のノウハウを紹介します。

ハッキリさせる

夜中にツーショットダイアルで遊ぶなら
最初に待ち合わせをするかどうかを
自分自身の中で決めるべきです。
これを決めないと、
曖昧な行動に始終して
結果的には何ひとつ成果を残せないなんてことになりかねません。

深夜はテレエッチ希望の
確率も高いので、
もし、貴方が出会いを求めているなら
テレフォンSEXをしたい女の子に当たったら
即FBという姿勢が必要です。

夜中はポリシーを固めたうえで、コールすることを心掛けましょう。

足はあるのか?

夜更けの場合、公共交通機関は
利用できません。
ですので、足を準備しておく必要があります。

最低でも、約束をした場所に
到着することが必要ですが、
自転車などでは
出会った後にドライブが出来ないので
結果的にアポの場所はホテルがあるような街に限定されます

好きなように移動したければ、
ベストは自転車です。
ドライブは約束をする口実にもなるので、
レンタルしてでも確保しておきましょう。

アポイントは60分以下

深夜帯にCALLする女性は気まぐれです。
1時間後にアポをして、
それまで目を覚ましているのかさえ疑問です。
もしくは、アポの時間までに別の男性と
トークを始めてしまうことだって考えられます。

そこで、出来る限りすぐにアポイントをしましょう。
そして、極力女性の
要望に応えるところにしましょう。
理想は30分以下です
手を尽くしても、待ち合わせ場所に行くのにそれ以上の
時間がかかるようなら、
他のCALLに乗り換えるのが賢明です。

ということで、夜中に利用するコツを
紹介しました。
今まさに夜更けで、
チャレンジしたいと思った人は、
トップメニューに無料で利用できる
無料テレクラ一覧をリンクしているので、楽しんでください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ