ツーショットの歴史

テレホンクラブは日本の地価がとてつもない価格になり、
日本中が浮かれていた80年代中頃に作られました。

ルーツについては、
多くの説がありますが、東京を中心として、
爆発的に47都道府県にテレクラ熱を拡大していきました。

初期は、まだローテクな時代だったので、
客集めのメインは雑誌やティッシュ広告でした。
道端で手渡されたティッシュに掲載されている地域番号を頼りに、男性と遊びたい女性がツーショットダイヤルにコールしていました。

当然、携帯もない時代だったので、
店舗型のテレクラしか存在していませんでした。
いまでは想像できないくらいゆとりのあるシーンでした。

特に初期は、
電話を早い順で受けていったので、
半押しなど男性ユーザー達は策を練って、
よりスマートなTELの取り方を探求したものでした。

それから、フェアな取り継ぎ制を経て、
ドコでもでもCALLを受けられる転送型へ仕組みを進化させていきました。

テレクラの再ブレイク

時代は進み、多くの人がモバイルを持つようになると、
コミュニティサイトが突然時代の寵児となりました。
出会いサイトが常識だった頃には、
テレフォンクラブは無用の長物のように見なされました。

しかし、出会い系関連の問題が噴出し、
出会い系=危険という意識が巷に広がると、
昔からのユーザーはテレクラへリターンする流れが出てきました。

今は出会いサイトのイイ部分を取り込みつつ、
間違いなく通話できる、新たなコミュニケーションサービスとして、
ツーショットが再び熱い視線を浴び始めたのです。

– オススメ –

容赦なく分かりやすくしよう
今回はツーショットの話術について解説します。特にいかにビジュアル化しやすい自己アピールをするかということに着目しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ