テレフォンクラブの話法

じぶんがテレクラを始めた頃は、どんなことをつかみに話せばアポがとれるのか悩みました。会ってもいないのに、盛り上がる話しなんて思いつかないですよね?

それでも、必ず振り向かせようと考えて、一発ギャグを言ったり、怪談話をしたり、試行錯誤しました。 言うまでもなく、結果は惨敗でした。

そんな自分が勝率4割を超えるまでになったテクニックをお教えしようと思います。

ここで前提に戻りましょう。貴方は当初,何を目的にツーショットダイヤルに電話をかけましたか?

トークの勉強ではないですよね?電話でリラックスしたいわけでもないですね?約束を取り付けて,セックスをすることが狙いだったのではないですか?

そうであれば,話題は定まってきます。ポイントは,オンナの子がどんな希望で電話をかけてきたのか?それを知ることなのです。

目的が決まっていない人物をヤル気にさせて,エッチをするのは至難の業です。けれど,えっちを前提にしている相手の子ならば,最悪,テレクラビギナーでも,セックスが出来ます。

もちろん,突然『テレクラの狙いは?』と聞くのはやぼです。せめてプロフィールで相手に興味を抱かせた上で,狙いを質問ましょう。

この方法を行えば、希望に沿ぐわない時も出てきます。それらのパターンを考えて、ツーショットダイヤルにはコールバックという仕組みがあります。

これは、受付けにコールを戻すことで、男性ユーザーは別の相手と話せ、お相手も他の男性とお話をすることが出来るようになるシステムです。 最初から、こうした仕組みがあるくらいなので、お相手を交換することに尻込みする必要はないのです。

要点は、ツーショットダイアルの話は女性を楽しませる価値はない。何であれ相手の子の目的を分かることが重要である、ということです。 会話に困っている男性は,この2つを忘れなければ、ワンランク上のツーショットを満喫できることでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ