ツーショットダイアルではトークネタを考えておく!

テレクラに慣れていない人にとって、
初めての方とトークをするのは恐怖でさえありますね。
わたしも同じように、悩みました。

ですので、今回はテレフォンクラブにおける
会話のヒントとなるような記事にしました。

素直に話さない

ツーショットダイヤルを始めた当初、
わたしは面接のような自己紹介を反復していました。
そしてある時、相手から「マジメかっ!」
というツッコミを受けて、目が覚めました。

そうなんです。
テレクラでは、真剣に自己紹介をしても何にもならないのです。

相手はどんな人と電話できるかウキウキしながら、
ツーショットにCALLをしてきます。
そこで、スタートから自己紹介を言ったら・・・
いきなり正解が出るようなモノです。

戦略的に考えれば、あえてどんな人物か伝えずに、
面白いことを話して、どんな方か知りたいという欲求を高めるべきなのです。

自分はこれを宇多田ヒカル作戦と呼んでいます。

どんなネタを持っておけばイイか?

アナタとTELの向こう側にいる女性は初対面です。
名前も知らなければ、顔も知りません。
ですので、無意識のうちに根掘り葉掘り、
プライベートなことを聞きたくなり、
話のタネ=質問のように思い違いをしてしまうケースがあります。

しかし、リアルで会ったこともない方に個人情報は、
あまり話したくないものです。
事の次第によっては、質問責めは逆効果になりえます
ですので、自分が提唱したいのは、
ウマイお店トークです。

王様のブランチや女子向け雑誌を見れば、一目瞭然。
女性は美味しいモノが食べられるお店が大好きです。

女性全般に好かれるうえに、
そのお店をネタにすれば、
約束の障害も断然低くなります。
むしろ、誰かと食事に行きたいと思っていた女子なら、
自ら「連れていって~」とねだるくらいです。

さらに念押ししたい場合は、
ご馳走するから」とひと言言えば、
より可能性は高くなります。
かなりの鉄板の話題なので、
これからのテレクラ生活に是非とも役立ててください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ