容赦なく視覚化しよう

ツーショットダイヤルは、顔を見てお話をすることは出来ません。これは長所でもあるし、欠点でもあります。

距離を縮めることに焦点をあてると、声のみであることは短所と言えます。 どんなルックスであれ、実際にルックスを見て電話するほうが安心感が増すことは鉄板です。

そこで、どうやってイメージ化しやすい自己紹介をするかということはツーショットにおいて、かなり大事になります。

記号化する方法は、楽チンです。 概要をいうと、有名人に例えることです。

目がぱっちりして、鼻が高くて、アゴがシャープで…と説明するよりも、二宮君みたいと言ったほうが話が早いです。

そして、例に出すのならば、良いイメージを得やすいタレントにする方がGoodでしょう。 物凄くイケメンでも、塩谷瞬みたいというと、ヤバい人の印象まで湧いてしまいます。

私がよく利用する有名人は、サッカー選手や俳優などです。

言うまでもなく、好印象を狙いすぎて、実物と離れていると、不信感を与えて、それはそれでマイナスになるので、方向性は合わせたほうがイイでしょう。

また、考えている以上に世代間格差というものは存在するので、近頃ブレイクしている有名人を例に挙げると効果的です。

関連情報

テレクラ
質問:お店の方が遊べる割合は高い??
サブコンテンツ

このページの先頭へ