テレクラで遊ぶパターンの注意点

ツーショットダイヤルネタ話の1つとして、
待ち合わせで声をかける時は異常に緊張する!WWW
これは、何度経験しても同じですね。
仮に、間違った人に声をかけたことを想像すると・・・
身体に良くないです(゚Д゚)

まぁ、この緊張がやみつきになるとも言えますが、
ツーショットダイヤルで約束をするなら、電話で話している内にお相手がどんな見た目か聞いておきましょう。

可能なら、着ている服のカラー、身長、眼鏡のありなし
などを確認しておきたいですね。
一箇所だけだと、人が多い所では、被る人がいる可能性があるので、このセットで抑えておきましょう。

先生!どんな待ち合わせ場所がイイの?

自分がよく使うポイントは、ショッピングセンターなどに入っている混んでなさそうなコーヒー屋です。百貨店のようなランドマークであれば、ドコか把握できないということはありませんし、耳ざわりも良いです。

さらに、スタバのようにお客さんが多い店でなければ、一発で判定することができます。まかり間違ってもハチ公前で約束なんてしないでくださいね(笑)

その先まで考えておこう

これは大事です。
アポは最終地点ではありません。
私の場合であれば、目的はえっちをすることです。

従って、会った後にデートコースを描けるような土地勘のある所を選択するにしましょう。食事をするお店からラブホまで15分以上かかったら、それだけでエッチの恐れはなくなるくらいに考えておきましょう。

以上、待ち合わせについての考察を述べました。アナタのテレクラ活動にお役立て頂ければ幸いです。

– 参考 –

テレホンクラブのトークテクニック
テレクラのお話でよくある問いは、どんな順番で話せば成功するか思いつかないというモノです。初対面の人は、話のつかみに戸惑いますよね。ですから、この記事では、トークのきっかけを解説しています。
サブコンテンツ

このページの先頭へ