生真面目に待ち合わせをしない

アナタはツーショットダイヤルに
どういうことを求めていますか?
結婚ですか?
それなら、若干無理があるかもしれません。
テレクラは、普通エロ目的の人
8割方だからです。

いっぽう、エロ目的と割りきって
テレクラに向かえば、
思いのほかあっさりと約束ができるような気がします。
さらに、割りきってしまえば、
普段は言わないようなくさい言葉でも、
安々と言えてしまうモノです。

ちょっとでも素の自分が出ると、
ムダなプライドが行動を邪魔したり、
反対に特攻精神になって、
何も作戦を立てないで
テレクラに臨んでしまったりします。

もし、一度限りのエッチに割り切れるなら、
今回は役に立ちます。

約束の戦い方

ツーショットの目的を
SEXとすると、
最も避けたいのは、
アポイントにおける無駄です。
もっと言えば、
すっぽかしの被害をミニマムに抑えることです。

なぜかと言うと、条件として
通常のサラリーマンは
遊ぶ時間が限られています。
そのような事情にも関わらず、
テレクラのドタキャンは付き物。
ハッキリ言って、すっぽかしはムカつきますが、
ムカついても仕方がありません。
実際に起こることですから・・。

そんなわけで、その対策として、
待ち合わせを効率化すべきですからす。

ツーショットの場合、
効率化のベーシックな考え方は、
限られた時間内で
いかにアポのチャンスを
増やすか
です。
ようするに、当日にエッチをするために、
最大限の努力をするのです。
ツーショットダイアルに明日のアポはない
と思ってイイです。
9割がたは、今日遊べる相手を求めて
コールしているのです。

ですので、効率化するためには、
時間をズラして
同じ所で待ち合わせるのです。
こうすることで
移動時間のムダをなくして、
より多くのアポのチャンスを得られます。

出会えるのは1人?

そんなことは当たり前です。
イイ人がいたら、
その女の子と遊べば良いのです。
それ以降のアポの場所に来た相手は、
アナタが来なければ
取り止めだと考えます

サブコンテンツ

このページの先頭へ