大マジメにアポをしない

ツーショットダイヤルは、コミュニケーションツール
というよりも風俗に近い
だから、おんなの子と遊んでも
どことなく客観的な自分がいて、
イメクラで遊んでいるような調子。
私の意識は、こんな雰囲気ですが、
アナタはどうですか?

冷めた表現をしていますが、
割り切ることで、
日ごろは言えないような
セリフをあっさり言えたり
ちょっとイタいようなセックス
出来てしまう楽しさがあります。

割り切ると、
テレクラの考え方が変わります。
セックスまでのフローが
俯瞰的に見えてきて、
より戦術的に遊べるようになります。

そんなわけで、今回は
テレフォンクラブを知的に
遊ぶコツを説明します。

大マジメに約束をするな

何も考えずにテレクラで遊ぶと、
アポが出来たら、
喜んで待ち合わせスポットに
向かいがちです。
これは、かなりロスが大きいです。

アナタが何の束縛もない
大学生ならば話しは別ですが、
通常の社会人であれば、
遊べる時間は限られているはず。
それなのに、ドタキャンされるか
どうかわからないアポイントに、
時間をかけてはいられません。

従って、アポイントを効率化すべきです。
簡単に言えば、
アポを複数とりつけたうえで
待ち合わせに行くのです。

最善の方法は、
時間をズラして一緒の場所に
アポをとることですが、
相手もあることなので、
一緒の場所にできない場合もあります。

そういう場合は、
一番近い待ち合わせ場所を
一番はじめの時間に決定して、
気が合わない場合、
段々遠くなっていくのが良いでしょう。
こうすることで、
ロスが少なくて済みます。

滑り出しのアポイントでうまくいったら、
後の人はどうなる?
そんなことは心配しなくて良いのです。
お相手だってテレホンクラブだから、
そういうことがあることは分かっています。
このように割り切ることが、
成功率を高めます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ