スッポカシの状況

ツーショット経験10年以上のテレコマーの私ですが、白状すると1度だけ2ヶ月以上電話をしなかった時期があります。

その理由は、3回連続してすっぽかしに遭遇したからです。この時はさすがにイヤな気分になって、ちょっとした女子不信になりました。

すっぽかしに合うと、期待感が大きい時ほど、孤独感は大きく、まさに天地を揺るがす怒りに襲われます。
そんなドタキャンに近頃、変化が現れてきたので、この記事は、スッポカシの状況をお伝え致します。

わたしがツーショットダイヤルで5連続即エッチを達成した
ツーショットダイアルが一番イケていた時代、
すっぽかしも激アツでした(笑)
それこそ、待ち合わせの2回に1度くらいの恐れですっぽかし被害にあいました。

その可能性が、この頃明らかに低下したのです。
確実なデータではありませんが、ほぼ3割くらいに落ち着いているように思えます。

引き金は、自分自身のトークテクがレベルアップした以上に、
女性利用者のクォリティーが向上したことが大きな要因だと思われます。

何故ならば、かつては夕方の時間帯になると、
学生からのTELが多かったのですが、
学生からのTELは明らかに減りました。
これはいわゆるテレクラつぶし条例のおかげで、
学生レベルまで届く広告が減ったことと、
学生の興味がフェイスブックや恋愛サイトに向かったことあたりが関係していそうです。

とはいえ、まだ少しはスッポカシがあります。
現状、確実な対策はありませんが、
ひとつの有効なテクニックとしては、
相手の携帯番号を聞くというやり口があります。

ただ、すっぽかしをするような女性は
適当な携帯番号を教えることもあるので、
さらに確実にしたければ折り返しのCALLがあった場合だけ
待ち合わせに向かうと良いでしょう。

– オススメ –

テレクラ電話番号を調べる

サブコンテンツ

このページの先頭へ