テレフォンクラブで約束をしたケースに、スッポカシ被害に遭わないために

ツーショットダイヤルネタ話の1つにドタキャンがあります。
約束をしたのに、アポイントをぶっちして来ないことを指します。
これがあると、かなり打ちのめされますよね?
そんな事態に遭遇しないためにも、
ドタキャンのケースを覚えておきましょう。

腹いせのケース

ツーショットで出会った女性に聞くと、
男性ユーザーからヒドイ言葉をぶつけられることが
なかなか沢山あるそうです。
そこで、恨みを返す意味で、
他の男性会員にドタキャンをすることがあるのです。
とんだ災難もイイところですね(;ω;)
まったく会話が盛り上がっていないのに、
おんなの子から約束を持ちかけられたパターンは、用心した方がイイでしょう。

しょうがないケース

おんなの子はアポをとる気がないのに、
乱暴にアポを強要されるので、
その場を荒立てないために
渋々アポイントを決めてしまうパターンがあります。
これは利用者に空気を読め!ということで喝だ!!!

残念なケース

テレフォンクラブにTELをするおんなの子はズル賢いです。
アナタとアポをとったからといって、
他の男性とお喋りをしないということはありません。
より条件の良さそうな男性へ乗り換える恐れは大です。
これもトークスキルをレベルアップさせて、対応するしかありません。

ということで、多くの例が
トークテクの強化で対応できますが、
スッポカシをされない最高の手法は、
電話番号を聞き出して、待ち合わせスポットに行く前に電話が合っているか試すやり方です。

これで電話が繋がれば、手堅いですが、
出会う前から電話番号を聞き出すのは、
けっこうハードだと言えます。

– オススメ –

テレクラ電話番号
触れてはいけないテレクラの飛燕バナシ(汗)

サブコンテンツ

このページの先頭へ