気にかけておきたい伝言の遊び方

テレホンクラブには、伝言ダイアルというシステムがあります。
どういうモノかと言うと、
声をボックスに保存して、
互いにやり取りをする仕組みです。

このボックスは2つあります。
オープンボックスとプライベートボックスです。

オープンボックスは、
自分の自己紹介をするためのボックスです。
男も女も、メッセージを公開したり
異性が発信するメッセージを確認したり
メッセージを送るために利用されます。

もう1つのプライベートボックスは
名前の通りプライベートなやり取りに使います。
つまり、アナタのオープンボックスを聞いた女子からの返事があると
以降、2人しか聞くことが出来ないプライベートボックスで
やり取りをするのです。
結論をいうと、オープンボックスは発信に使い
プライベートボックスはメッセージ交換に使う
と言うことです。

このボックスをフル活用して
お気に入りの異性と
心を通わせていきます。
ですから、伝言は、
オトコもオンナも1回限りのセックスよりも
お付き合いを楽しむために使う方が多いそうです。

注意!!

絶対タブーにすべきコトは
オープンボックスにプライベートな話を入れることです。
携帯番号は無論
本名や仕事のことなども録音しない方が賢明でしょう。
会ってから教えるのが1番ですが
どうしてもという時は、
少なくともプライベートボックに留めておくべきです。

また、運営者選定の実験として
誰もメッセージを返さないような話題
わざと録音する方法もアリです。
それでも、返事が届きまくるようなら、
そのテレクラに見切りをつけましょう。

以上、簡単ではありますが
伝言ダイヤルの解説でした。

– オススメ –

テレクラとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ