ツーショットですっぽかしされた男性会員はココは必須

私のツーショットダイアル体験談の1つで、待ち合わせに同じルックスのおんなの子2人が立っていたという話しがあります。

その時は、眼鏡の有無と着ている服の色みだけを聞いてアポイントをしていました。 いまから思えば、かなりずぼらな約束の方法でしたが、当時は盛り上がってしまって、そこまで気が回らなかったですね(´Д`)

そして、ぐずぐずしていたら、1人の女子がいなくなったので、残りの女子に声をかけました。 すると、「何の話?」という反応。。。 そうなんです。いなくなったおんなの子が目当てのおんなの子だったのです。

私の失敗がムダにならないように、服装の確認は、最低でも3つ以上は特徴を聞いておくようにしましょう。
言うまでもなく、しつこく特徴を聞きすぎて、お相手を怒らせても意味が無いので、
その調整は上手に調節してくださいね。

待ち合わせスポットに関しては、繁華街かそれ以外で待ち合わせをするのかによって、要点が変わってきます。郊外で車移動を予定しているのであれば、大型のパーキングがある待ち合わせスポットが理想的です。例を挙げると、ファミレスなどは、待ち合わせ場所にピッタリです。お相手が時間通りに来るとは限らないのである程度駐車していても問題のない所を指定するようにしましょう。

また、繁華街のケースは、メジャーな待ち合わせ場所を設定しないことです。万一、ハチ公前などにしてしまったら、女性を見つけられません。

条件は、比較的空いた飲食店がイチオシです。私のイチオシは、デパートに入っている混んでなさそうなカフェです(´∀`)

待ち合わせの先をイメージしよう

これは重要です。
アポイントは目的ではありません。
わたしの場合であれば、目的はセックスをすることです。

ですので、会った後にデートコースを描けるような土地勘のある所を設定するにしましょう。食事をするお店からラブホまで20分以上かかったら、それだけでエッチの可能性はなくなるくらいに考えておきましょう。

以上、待ち合わせスポットについての考えを述べました。アナタのテレクラ活動にお役立て頂ければ幸いです。

– オススメ –

http://vbb.feastblog.org/

サブコンテンツ

このページの先頭へ