すっぽかしの可能性

テレホンクラブに電話をした場合に最もイヤな気分になるのは、
すっぽかしに合うことです。
CALLが少ないとか、会った子がブサイクだったなんて、
すっぽかしと較べれば屁のかっぱです。

ドタキャンに合うと、ウキウキ感が大きい時ほど、
孤独感は大きく、まさにヤリ場のない怒りに襲われます。

そこで、今回は、ドタキャンのいまを報告致します。

スッポカシの可能性

アナタのドタキャンの可能性はどれくらいですか?
4回に1回? 10回に1回?
いずれにせよ、ツーショットダイアルに電話をすると、避けられない道ですね。

わたしの実感だと、この頃恐れがだいぶ変動したように感じます。
いわゆるひとつのツーショットダイヤル全盛期は、それこそ2回に1度は
ドタキャンだった感じですが、
ここ数年は、1割くらいに下落しているように思えます。

この変化の理由は、
テレフォンレディーに対する指導と
テレフォンレディの減少が大きいと私は見ています。

何故かと言うと、ツーショット全盛期はどのような運営をしていても、
ユーザーは付いて来ていたのが、
直アドサイトなどの敵が出現したおかげで、
ツーショットダイヤルも顧客満足を考えるようになりました。

そういったバックグランドの中で、
テレホンレディーがドタキャンをするのは、
CS指数を低下させるとして、
運営サイドで禁止したようなのです。
また、同時にサクラの割合自体も少なくしたように思えます。

結果として、女性会員のクォリティーが改善したのです。

とはいえ、まだ少しはスッポカシがあります。
現状、鉄板の対策はありませんが、
ひとつの価値のある手段としては、
お相手の携帯番号を聞くという方法があります。

ただ、スッポカシをするようなオンナの子は
適当な番号を教えることもあるので、
さらに確度を高めたければ折り返しのCALLがあった場合だけ
待ち合わせスポットに向かうと良いでしょう。

関連情報

http://vbb.feastblog.org/
即アポ出来る☆ 誰も言わなかったツーショットで入れ喰い生活 (´゚д゚`)
サブコンテンツ

このページの先頭へ