テレクラの重要なポイントは繋がる回数

「テレクラに100万円を落とす気はありますか?」

仮に、ハイと言えるなら、この記事は不要です。
でも、極力お金をかけずセックスしたいと思っているなら、
ぜひラストまで読んでみてください。

ざっくり計算して月に4回、2万円を20年使うとトータルで480万円・・・( ;∀;)
テレキチと呼ばれてもおかしくないくらいの金額を浪費して入手した
価値のあるネタをこれから報告します。

損をして利を見よ

株で自爆する人は、
決断が出来ない人だそうです。
いつか反転すると考えながら、見極めを遅らせ、
取り返しの付かない結果を招く・・・

ツーショットダイヤルも同じです。
スッカラカンになることはなくても、
見極めをしないと、コスパは悪くなります。
誤解を恐れずに言えば、同じ女の子と5分話しても、1時間話しても、結果は同じということです。

嬉しいことにツーショットにはコールバックというシステムがあります。
好みのタイプでなければ、女の子を変更出来るのです。
こんな便利な機能があるにも関わらず、
遊べないおんなの子と延々と話し続けるのは愚か者の極みと言えます。

私の皮膚感覚から述べると、5分話せば、
エッチが出来るおんなの子かどうか見極めが出来ます。

万が一それまで話した時間が無駄になっても、
5分話してダメだと思ったら、
違う女性にチェンジする方がお得と言えます。

確率論的に発想してみましょう。
女の子とエッチが出来るかどうか決定する時間を
5分から10分へ伸ばした時の待ち合わせ成功の可能性と、
5分間での決断を2回繰り返した時の待ち合わせ成功の割合
を考えてみてください。

2人と5分電話する方がウマくいくに決まっていますね(〃^∇^)
そうすると短いほどたくさん話せるから賢明ということになりますが、
ワタシの体験上、短くとも5分は決断に要すると考えました。

もちろん、これは人によって違うので、
絶対的な時間ではありません。
重要なポイントは、長く電話するよりも、
多くの女子と話す方が確率は高くなるということです。

この考え方を持つか否かは、
今後のテレクラ生活の成果を大きく左右することでしょう。

– オススメ –

テレクラとは?の関連情報
秘密のテレクラの相場の話題。。。

サブコンテンツ

このページの先頭へ