絶対にウハウハできる、ツーショットダイヤル3つのキーポイント

テレクラ素人が犯しやすい間違いは、女の子とイイ感じにお話が出来ただけで充実してしまうことです。

コミュニティサイトと違い、ツーショットで女子とお話をするのは困難なことではありません。 だけど、エッチに繋げるのは、恋愛と同じで単純ではありません。

そんなわけで、これまで私がツーショットで実感してきたことをベースにノウハウを解説しようと思います。

聞き上手になろう

私がテレクラで出会った女の子に聞きこみをした結果、いちばん面倒臭がれるタイプは、自分の話しばかりする男性だそうです。

ツーショットにコールしている女子は、話しをしたくて電話をかけています。正確に言えば、自分の話を聞いて欲しくてTELしているのです。

しかしながら、盛り上げたい一心で話しまくれば、失敗することは明らかです。 女子のニーズを考慮して、聞き上手になることはテレクラでうまく行く第一歩と言えます。

テレホンレディ戦略はクールに

痛恨の極みですが、テレクラにはサクラが存在します。 もうこれは前提として対応するしかありません。
自分の知り合いで、1時間以上テレフォンレディーに説教を垂れた者がいますが、せんじ詰めればその間に通話ポイントは減少していて、何も得ず損をしていました。

サクラだと判別したら、余計な感情は抱かず、FBするのが良いです。

ツーショットのおんなの子はエロい

女性向けのツーショットダイヤル広告は、一般的に女性向けのエロ本かギャル雑誌に掲載されています。 これが何を意味するのかというと、テレフォンクラブにTELをかけてくる女子は半分以上がエッチだということです。

言うまでもなく、それでも自分からエッチを誘うおんなの子はなかなかいません。熱心だったから、深く考えずOKしたというケースが8割です。

にもかかわらず、否定されることを恐れて、誘わない利用者が増えているそうです。女の子は誘われることを待っていることを記憶して、テーマをうまくそちらへ持っていくことは、ツーショットダイヤルで成功するポイントです。

ツーショットダイヤル経験者の人は、心当たりのある項目もあったのではないでしょうか?

どれも難しくないことなのに、予想外に見落としがちです。 テレクラを経験してきた方もこれから始める人も、これらを理解しておくだけで、うまく行く確率は上がるので、試してみてください。

– オススメ –

テレクラ電話番号
半眠りコールで即アポ確定、美味しすぎるツーショットカード経験談☆

サブコンテンツ

このページの先頭へ