テレクラのセコい戦い方

テレホンクラブは、出会いサービス
というよりも風俗に近い
だから、おんなの子と会っても
どことなく醒めた自分がいて、
ホテヘルで遊んでいるような感覚。
私の認識は、こんなノリですが、
アナタはどうですか?

冷めた表現をしていますが、
割り切ることで、
普段は言えないような
言葉をあっさり言えたり
若干人には言えないようなエッチ
出来てしまう面白みがあります。

少しでも普段の自分が出ると、
妙なプライドが行動を妨げたり、
反対に思考停止して、
何も作戦を立てないで
ツーショットダイアルに向かってしまったりします。

もし、一晩限りのエッチに割り切れるなら、
この記事は参考になります。

戦術的に出会う

ツーショットで何回かアポイントを
経験していないと、
約束=出会えると想像しがちですが、
実際のところはそんなに甘くありません。

アナタと待ち合わせをした後に
そのおんなの子はもっと気の合う
別の男性と約束をして、
遊ぶかもしれません。

そういったリスクも考慮して
待ち合わせを効率化する必要があります。

ツーショットダイヤルの場合、
効率化の根本的な思想は、
限りある時間内で
いかに待ち合わせのチャンスを
最大化させるか
です。
つまりは、その日にエッチをするために、
最高の努力をするのです。
テレクラに翌日の待ち合わせはない
と思ってイイです。
9割がたは、今日会える女性を求めて
電話をかけているのです。

だから、効率化するためには、
時間をズラして
同じエリアで約束をするのです。
こうすることで
移動のロスをなくして、
より多くの待ち合わせのチャンスを得られます。

会えるのは1人?

そんなことは当然です。
イイ人がいたら、
その女の子と楽しめば良いのです。
それ以降の待ち合わせポイントに来たお相手は、
アナタが来なければ
キャンセルだと考えます

– オススメ –

http://shitshovelers.org/
普段、テレクラにいくら使う? (´∀`)

サブコンテンツ

このページの先頭へ